ゆらゆら闇羊がお送りするTSの日記です。リアルの嘆きも書くかもです・・

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレイブリーセカンド⑤


少しだけ時間が空きました


それはサブストーリーをやってたりするからですね;


欲しいジョブと倒したい相手が違う場合困りますね・・・


因みに私は現在


召喚士と赤魔導士と黒魔導士と商人を持ってます・・・


これは完全に感情的な結果にしてみました


さてさて、今回もネタバレですよー


「エイゼン大陸上陸~温泉郷」までです





見えざる存在に従って小舟で浅瀬を移動するユウ達


やがてエイゼン大陸へと至る


浮遊城はどこにいるのか・・・


とりあえず先に進もうとするのだが、道中でヨーコという少女に出会う


彼女は温泉郷ユノハナから何かを探し求めて一人彷徨っていたという


彼女の事はおいておき、ユウ達は2年前と同じくエイゼン大橋へと向かう


そこに居たのはグッドマン指令と帝国軍


グッドマンも大変ですね・・・。
デフォルト時代は公国軍と戦い今度は帝国軍ですからね・・・。



帝国軍が居るということはこの先にアニエスが――!?


橋を渡ろうとするユウ達だったが、そこにエイミーというスナイパーが行く手を邪魔する


銃弾をよけながら進むユウにエイミーは発砲する


その銃弾は後ろに居たグッドマン指令を貫く


一旦戦線を離脱し、グッドマン指令の奥方が居るハルトシルトの街へ


夜中にたどり着いたユウ達は指令を奥方に任せる


賑わう街中、お祭りだというのだが・・・


菓子職人が経費やらを出してくれていたのだ


そこで一通り歩き遊び、一行は指令宅で一晩休むことに


やっぱり、ユウはマグノリアに求婚したことになってましたね。
勘違いが明らかになったとはいえ、なんかお互い意識してますよね・・。
ヨーコはその原因(?)を作ってる感じになってますが、むしろGood Job!!



一夜明けて、ユウ達は街の異変に気付く


そして手帳にも・・・。


悩む一行だったが、そこに新たな人影が――


「兄様!」


現れたのはヨーコの兄、ダンザブロウだった


刀の達人であるダンザブロウは一先ずエイゼン大橋に向かう事を提案する


この異変になす術もないユウ達もまた再びエイゼン大橋へと


そこには変わらずエイミーの姿


「ここはそれがしに任せるでござる」


「何遍やってもおんなじじゃ、さぁ、かかってきんさーい」


エイミーの銃弾、それは真っ直ぐにダンザブロウへと至り


ダンザブロウはその銃弾を斬り捨てた


「!?」


驚く一行だったがダンザブロウの指示で配管を通りエイミーの背後へ回り込む事に成功する


だが、一度に3発もの早打ちを防ぎきれず


エイミーは倒したがヨーコが傷を負い一路温泉郷ユノハナへ急ぐ


温泉に浸かればたちまちヨーコの傷は癒えるだろうと


温泉に入る時に「並び替え」をして先頭を女性にしたら女湯が見れる、と
そんな説明があったような気がしたんですけど・・・。
あれって最初だけなんですかね。
2回目以降に先頭を女性にしても「ユウかティズにしてください」になるんですけど;;
女湯見たい!!



元気になったヨーコ


夜風にあたりに行っていたユウの元にヨーコがやってきた


「ブレイブリーソード」というものを知らないかと問うヨーコにユウは動揺する


あれは人を不幸にするものだ――


養子であるダンザブロウを殿にするためにヨーコはそれを探して彷徨っていたのだという


源泉洞あたりにあるかと独り言のように呟くヨーコ


顔色を変えたユウを見て確信しつつも「すまなかったな」と言い残す


翌日、そのヨーコの姿が見えないと騒ぐダンザブロウにユウは「もしや」と


一行は「源泉洞」へと向かう



スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 超絶ゆらゆら日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。